カワサキクラブ

3月28日~29日種子島・屋久島を取材して

d0108817_10101431.jpg
3月28日撮影・種子島くりた早生

 いよいよ新茶シーズン到来!
 種子島の極早生種「松寿」の摘採・製造が3月26日から始まった。
 本年度は、3月上中旬の異例の寒波によって昨年より4~5日遅れのスタートとなった。生育状況・芽の品質はまずまずで、初出荷された製品の価格は、静岡茶市場で8,800円での取引となった。 
 2回目の生産は、3月28日に行われ、生葉収量は10アール当り200kg程度で、ミル芽で良質な生葉でした。翌日、鹿児島茶市場で取引され、9,000~7,000円となった。 種子島の茶園面積150ta位との事ですが、品種は松寿、クリタ早生、ユタカミドリ、さえみどり、やぶきたが栽培されているが、主体はさえみどりとやぶきたとなっている。生育状況は、クリタ早生が2,5葉期、さえみどりが2,5葉期、やぶきたが1~1,5葉期となっており、昨年に比べて4~5日の遅れとなっているが、ここ数日間は急激に気温が高くなっており、摘採日は相当回復し、昨年並になる事予測される。島内に一部しまみどり(やぶきたの実生選抜)を栽培している農家の茶園ではかなり芽伸びが良く量・質ともに期待がもたれた。   
 28日午後は屋久島に移り、ハラダ製茶の農場を取材した。農場の茶園面積は約15ta、(屋久島全体で70ta)、品種はあさつゆ、さえみどり、やぶきたが中心で、生育状況は、あさつゆで3~3,5葉期、さえりどり3葉期、やぶきた1~1,5葉期となっている。これは昨年に比べて4~5日遅れとの事ですが、取材当日も気温が30度近くまで上がっており、今後はかなり回復が進んでくると思われる。屋久島は無霜地帯で、全く防霜ファンがなく、静岡から見ると異様に思われた。   
 29日には初摘みとなったあさつゆの被覆茶園を3,5葉期で摘採したが、生葉収量は10アール当り150kg程度でありかなり良質な生葉であった。当日速やかに工場で製造したが、形状・色沢・肉質ともに優れた製品に出来上がった。今後は順次摘む採をすすめ、終始消費者に求められるお茶作りを目指して行くとの事でした。
[PR]
# by kawasaki-blog | 2007-03-31 08:05

鹿児島県内の生育状況を見て

d0108817_134183.jpg
3月22日撮影・種子島松寿

遅れていた今年の一番茶も、鹿児島県内の早場所においては二葉期前後の生育時期を迎えております。
現時点での生育状況は、昨年に比べて五~七日程度の遅れとなっていますが、ここ数日間の温暖な気温によって芽伸びは順調となってきている事と、芽そのものに障害がみられず、今後はかなり生育回復が見られるものと推測されます。茶芽の生育が五日で一葉開葉すると考えれば、鹿児島本島においても四月五日すぎからは本格的に摘採が始まって来るのではないかと思われます。尚、数年前には、二日~三日で一葉開葉した事もあり、今後の気温経過によっては、全体的に生育回復がなされる事も予測されますので、一番茶生産対策には万全を期するよう心掛けて下さい。
[PR]
# by kawasaki-blog | 2007-03-26 13:12 | 茶畑訪問

どうなる今年の一番茶

d0108817_1217023.jpg
鹿屋市ユタカミドリ昨年4月3日摘採

どうなる今年の一番茶?三月中旬の冷え込みによって、暖冬によって生育が早まっていたものが一変し、早場所においては逆に昨年よりも遅れる事も予測される。
 鹿児島県においても、冷え込みは厳しかったようで、防霜対策としてスプリンクラーが-連日稼動し、霜は防いだものの生育はだいぶ抑えられたようです。
 大隅地方の鹿屋市においても同様で、現在早生種のクリタワセ、ユタカミドリの生育状況は、一.五葉期前後であり、これは昨年より二~三日程度の遅れとなっている。このままいくと摘採日も一~二日遅れとなりますが、昨年は三月末日に厳しい冷え込みがあり生育が抑えられた事で予想以上に遅れたものであり、今年はこのまま気温が高めで推移すれば、順調な生育となり、昨年並かやや早くなる事と思われる。推測される摘採日は、写真の茶園で、四葉期の摘採とするならば四月三日~四日と推測される。これは昨年より二日程度早いという事です。

静岡県内茶園


 


[PR]
# by kawasaki-blog | 2007-03-23 12:19 | 茶畑訪問



カワサキ機工株式会社が提供するお茶にまつわるお話など
by kawasaki-blog