カワサキクラブ

磐田原茶園の生育状況

d0108817_5354547.jpg
4月2日撮影 袋井市三川 山の息吹

静岡県西部の早場所磐田原茶園産地の生育状況は、概ね良好で、3月上中旬の低温による生育への影響も最小限にとどまっている。

 磐田原台地北部の袋井市三川地区では、早生種の「山の息吹」が1,5~2葉期で、オオイワセの露地で2葉期、保温材被覆茶園で2~2,5葉期となっている。この茶園の昨年の摘採日は4月17日~18日であったが、本年は4月14日を予定しているとの事で3~4日早い生育となっている。「やぶきた」の露地は現在1茶期前後で、昨年よりやや早い状況である。
 県内でも最も早いと考えられる磐田原南部の豊田地区では、被覆茶園のオオイワセが3~3,5葉期となっており、4月10日前に摘採できるものと思われますが、昨年は4月13日に摘採されており、3~4日早まっている。また、露地の「やぶきた」は1~1,5葉期を迎えており、生産者の話しを聞くと4~5日早いとの事であった。
[PR]
by kawasaki-blog | 2007-04-03 23:32 | 茶畑訪問
<< 静岡県島田市初倉地区の生育状況 3月28日~29日種子島・屋久... >>



カワサキ機工株式会社が提供するお茶にまつわるお話など
by kawasaki-blog
検索
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル