カワサキクラブ

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年2月25日 種子島地区の生育状況について

皆様、こんにちは。

先日のユーザー研修会にはご多忙の中、多数の皆様にご出席頂き、誠に有難うございました。

さて、2月25日(種子島茶産地)の生育状況です。
今年も暖冬の影響で、現在の生育は非常に順調である。極早生の「松寿」はすでに1~1.5葉期を迎えており、平年並もしくは、やや早目の生育となっている。

昨年はまれに見る暖冬で、3月11日から生産が開始されたが、3月上・中旬の寒の戻りによって生葉品質に若干の問題が出て、期待する価格にはならなかったが、本年は2月下旬~3月上旬に降雨も予想され、更に気温も高目に推移するとの予測から、このままいくと平年より早い生産開始となるかもしれないとの事である。

昨年は生葉品質が当初つかめず製造で苦労したが、今年は慎重に観察し、より茶格の高い新茶づくりを目指し、買い手や飲み手の満足度の高いお茶作りをすすめていくよう農協、生産者も努力している。

日本最初の新茶情報を大いに期待したい。
[PR]
by kawasaki-blog | 2010-02-26 10:39 | 茶畑訪問

2010年2月8日 種子島地区の生育状況について

皆様こんにちは。

2月8日、(種子島地区)の極早生種「松寿」の生育状況についてお知らせします。

国内の新茶生産が最も早い種子島では、平年で3月20日頃から生産が始まる。
昨年は暖冬の影響もあって、3月11日、16日に始まったが、休眠不足や3月上旬の低温の影響もあって、生葉品質に問題があり、製茶品質も期待したものにならず、茶価も満足できるものではなかった。

さて、今年の現在の生育状況は、やはり暖冬で、昨年並に早まるのではないかと見られていたが、周期的な低温もあって、農家の見る目では平年並と推測され、摘採開始も3月20日前後ではないかと言われている。
しかし、2月中下旬の気温がやや高めに推移するとの長期予報から、今後次第では昨年並に早まる事も考えられる。

いずれにしても、国内新茶の始まりであるだけに、品質面でも価格面でも順調なスタートが切られ、新茶ムードが高まる事を大いに期待したい。
[PR]
by kawasaki-blog | 2010-02-10 09:16 | 茶畑訪問

2010年2月上旬 鹿児島にて・・・

ご無沙汰しております。皆様お元気でしたか?

早いもので2010年も、もう2ヶ月が過ぎてしまいました。

2月になり、1日はプロ野球が一斉にキャンプイン、4日は立春でいよいよ今年の一番茶へのカウントダウン、正に農家の皆さんも、期待と不安の入り交じった時期となりました。
今年も随時、茶業に関する話題や情報を発信していきますのでご期待下さい。

さて今年の一番茶を迎えるにあたって、生産家の皆さんは何を思うか?
どんな対応を考えているのか?
全国各産地を廻って見ると色々な事が見えてくる。
今年も暖冬で推移し、このまま行けば生産時期は早まるものと考えられます。

日本一の早場所(鹿児島)では、茶園の園相も良く、今年こそはと一番茶前の茶園管理に力が入ってきました。
そんな中、4日に当社九州支店の(ユーザー講習会)が開催され、生産農家をはじめ、試験研究機関、経済連、農協、茶商の皆さん200名以上が参加され、盛大なものとなりました。

記念講演では、八女市星野村の星野緑茶組合の高木組合長様から、「攻めの茶業経営」と題してお話を聞き、参加者全員が、実践から得たお話を熱心に伺い、大変参考になりました。

鹿児島発今年の新茶だよりが届くのも、もうすぐです。
今までとは違った生産対応をしてこそ、はじめて厳しい茶況の中で生き残れるチャンスであると思いますので頑張って下さる事を期待します。

※2月18日の13時より、静岡県掛川市にあります生涯学習センターにて「ユーザー研修会・静岡」を開催します。私も「ともに力を合わせ明日への茶レンジ!」と題し、お話させてもらいます。
また、社団法人 大日本報徳社社長 榛村純一様の「混迷のとき お茶に賭ける 茶業と報徳 - 今、五つの風が吹いている」と題した記念講演も予定されています。
色々と良いお話が聞けそうで、私も大変楽しみにしています。

※2月26日の13時より、京都府南山城村にありますレイクフォレストリゾートホテルにて「関西地区・ユーザー研修会」が開催されます。
こちらの記念講演は、茶園管理技術顧問の木村政美氏による「1番茶生産に向けた茶園管理のポイント」が予定されています。

参加費は無料ですので、お時間がありましたら皆様是非参加してみて下さい。
[PR]
by kawasaki-blog | 2010-02-08 11:38 | 茶畑訪問・講演会



カワサキ機工株式会社が提供するお茶にまつわるお話など
by kawasaki-blog
検索
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル