カワサキクラブ

カテゴリ:茶畑訪問・講演会( 4 )

第4回島田市乗用型茶摘採競技大会

平成27年9月20日(日)に島田市農業振興会、O-cha学研究部会主催の「第4回島田市乗用型茶摘採競技大会」が島田市切山造成地で開催されました。
d0108817_1514330.jpg

大会の方も、第4回という事もあり、年々ギャラリーも増え本年も盛大に行われました。
各チーム優勝を目指し戦略を考えながら摘採技術を発揮していました。
競技終了後は各機械メーカーからの実演も行われ、弊社も今話題の被覆資材展開・巻取装置の実演を行いました。こちらの機械は11月13・14日に開催されるフェスタカワサキ2015でも展示、実演を行う予定でいます。
d0108817_15153683.jpg

そして、競技の方は初出場の丸東製茶様が優勝しました。
おめでとうございます。
[PR]
by kawasaki-blog | 2015-09-30 14:54 | 茶畑訪問・講演会

島田市乗用型茶摘採競技大会

平成26920日(土)に島田市農業経営振興会・Oca学研究部会主催の「島田市乗用型茶摘採競技大会」が島田市切山造成地で開催されました。

3回を迎える今大会も10チームが参加し、多くのギャラリーが見守る中、盛大に行われました。

競技は袋交換型の乗用摘採機で3人一組となり、刈り跡・作業時間・運転操作などで競い、日頃の運転技術を披露しました。

本年は「チーム丸大・丸大茶農協」に3連覇の期待がかかりましたが「人農地プラン・自園自製チーム」の優勝で幕を閉じました。おめでとうございました。d0108817_14503428.jpg


[PR]
by kawasaki-blog | 2014-09-27 14:52 | 茶畑訪問・講演会

2011年2月1日 鹿児島県の茶園の現状について

1月25日、当社九州支店ユーザー講習会が開催され、約200名の生産者が参加され、盛会の内に意義ある講習会、懇談会が行われ、生産者及び関係者との情報交流、意見交換の場となった。
その後、鹿児島県内の主産地の茶園を廻り、生産者の意見を聞きながら、茶園の状況を見ることができた。ここ数年毎月のように、鹿児島に出向き、産地情報を得てきているが、本年の園相は、概ね良好なものである。
昨年は、3月中旬の降雪、晩霜、低温の影響があり、収量、品質面で心配されたが、日々の肥培管理が功を奏し、品質面で高い評価を得て、高い価格での取引で終始した。
夏茶は、後半で硬葉化したものは価格の下落はあったが、平均的には前年を上回る結果となった。現在の茶園の状況は、昨年12月中旬以降の低温や、31日の降雪はあったものの、ほとんど被害は出ておらず、心配した芽つぶれ(凍害)もない。また、1月中旬以降春肥の施肥が始まり、一番茶前までに4~5回の分肥が行われる。茶園の化粧ならしも始まっており、いよいよ本年一番茶への生産対応が開始された。
生産者の一番茶への期待はいつにも増して大きく、また、茶園の園相から見て良質な一番茶生産が見込まれる。
d0108817_1059248.jpg

[PR]
by kawasaki-blog | 2011-02-01 10:56 | 茶畑訪問・講演会

2010年2月上旬 鹿児島にて・・・

ご無沙汰しております。皆様お元気でしたか?

早いもので2010年も、もう2ヶ月が過ぎてしまいました。

2月になり、1日はプロ野球が一斉にキャンプイン、4日は立春でいよいよ今年の一番茶へのカウントダウン、正に農家の皆さんも、期待と不安の入り交じった時期となりました。
今年も随時、茶業に関する話題や情報を発信していきますのでご期待下さい。

さて今年の一番茶を迎えるにあたって、生産家の皆さんは何を思うか?
どんな対応を考えているのか?
全国各産地を廻って見ると色々な事が見えてくる。
今年も暖冬で推移し、このまま行けば生産時期は早まるものと考えられます。

日本一の早場所(鹿児島)では、茶園の園相も良く、今年こそはと一番茶前の茶園管理に力が入ってきました。
そんな中、4日に当社九州支店の(ユーザー講習会)が開催され、生産農家をはじめ、試験研究機関、経済連、農協、茶商の皆さん200名以上が参加され、盛大なものとなりました。

記念講演では、八女市星野村の星野緑茶組合の高木組合長様から、「攻めの茶業経営」と題してお話を聞き、参加者全員が、実践から得たお話を熱心に伺い、大変参考になりました。

鹿児島発今年の新茶だよりが届くのも、もうすぐです。
今までとは違った生産対応をしてこそ、はじめて厳しい茶況の中で生き残れるチャンスであると思いますので頑張って下さる事を期待します。

※2月18日の13時より、静岡県掛川市にあります生涯学習センターにて「ユーザー研修会・静岡」を開催します。私も「ともに力を合わせ明日への茶レンジ!」と題し、お話させてもらいます。
また、社団法人 大日本報徳社社長 榛村純一様の「混迷のとき お茶に賭ける 茶業と報徳 - 今、五つの風が吹いている」と題した記念講演も予定されています。
色々と良いお話が聞けそうで、私も大変楽しみにしています。

※2月26日の13時より、京都府南山城村にありますレイクフォレストリゾートホテルにて「関西地区・ユーザー研修会」が開催されます。
こちらの記念講演は、茶園管理技術顧問の木村政美氏による「1番茶生産に向けた茶園管理のポイント」が予定されています。

参加費は無料ですので、お時間がありましたら皆様是非参加してみて下さい。
[PR]
by kawasaki-blog | 2010-02-08 11:38 | 茶畑訪問・講演会



カワサキ機工株式会社が提供するお茶にまつわるお話など
by kawasaki-blog
検索
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル