カワサキクラブ

5月4日~8日 「大和茶」奈良市月ヶ瀬地区にて・・・

d0108817_1819169.jpg
 
5月4日~8日、「大和茶」の本場、奈良県奈良市月ヶ瀬地区の状況について報告します。月ヶ瀬地区では、来年度の全国茶品評会となっており、来年の出品対策の一環として、4月30日から出品茶製造を月ヶ瀬研修工場において行なってきた。 行政や指導機関、月ヶ瀬茶振興協議会員の皆さんの指導と協力を得て、予定通り点数が確保できたとの事である。今年は3月中旬以降の度重なる低温、強風などの気象災害があって、出来映えを心配したが、まずまずの製品が出来上がった。今年の取り組みを参考にして、更に茶園管理、製造対策に工夫加え、来年の本番に備えたいと話している。
 また5月8日には、本年度初茶(一番茶)の初取引がJAならけん茶流通センター様において行なわれた。
行政、茶商、生産者、農協等関係者多数が参加し上場点数を期待したが、5~7日が振雨となったため、ごく限られた工場からの出品にとどまったが、茶商は真剣に上場茶を吟味し、入札をしていた。価格的には、まれ物が12,000円台となったほかは、前年とほぼ同じ位の落札価格となったが、これは点数、数量が少なくなった事のよるもので、雨後の取引には相当厳しい事が予測されるため、生産者は摘採、製造に万全な対応するよううながしたい。
[PR]
by kawasaki-blog | 2009-05-08 16:04
<< 5月9日。春野「杉地域茶生産組... 2009年5月2・3日。「茶来... >>



カワサキ機工株式会社が提供するお茶にまつわるお話など
by kawasaki-blog
検索
以前の記事
カテゴリ
リンク
その他のジャンル